プロパンガスの値段は一律となるような公共料金ではなく事業者が自由に価格を決めることができ料金を決めることができる相場がありますが、月々のガス代を適当な価格設定をして請求をしているものではありません。

プロパンガスの相場は都道府県により違いがあり、安いと言われる地域の特徴としてあげられるのは人口が多い所、人口密集地であることなどがあげられます。プロパンガスはガスボンベを設置して供給していることからそのボンベの交換を定期的に行われるのですが、配送のために人件費・車両代・燃料費がかかることから都道府県により相場が違ってくるのです。

と言ってもプロパンの市場はずっと企業間での競争がない特殊な市場となっていて料金が高いまま維持できるような企業同士が顧客の取り合いをしないことを内々に取り決めをしていて、その結果相場価格は高い状態が続いてきていました。現在は各都道府県の基本料金や使用料に応じた金額が透明化されていて多くの人の知るところとなっています。

多くの企業が参加している地域での相場は一般的に安い設定となっていて、一方プロパンを扱っている企業が少ない所や過疎地や山間部を含んでいる地域では相応の価格設定になっているのです。料金は基本料金・1㎥あたりの従量単価・使用料を基にして月々の料金が決まってきます。全国平均の基本料金は1、830円、従量料金の全国平均は512円、全国平均世帯人数の全国平均は3.4人で年間平均使用量は9.1㎥となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *