東京や大阪、名古屋などのいわゆる3大都市圏に関しては、都市ガスが一般的なガス供給システムとなっておりますので、各家庭や事業所にプロパンガスのボンベを設置している光景にはあまり馴染みがないかもしれません。

しかし都市部を離れた場所では都市ガスのインフラが整えられていない地域も多く、プロパンガスが主要な熱源として活躍しているケースが多く見られます。場所を問わずにガス機器の使用が可能となる大きなメリットもありますが、その一方で運搬費用や設置費用なども基本料金に含まれることがあり、一般的に価格相場は都市ガスよりも高めになっているという実態があります。

1立方メートルあたりの熱量は都市ガスのおよそ2.2倍となっているため、プロパンガスは火力が強いというメリットもありますので単純な価格比較は難しいものですが、実際に使用している感覚では都市ガスよりも価格相場が高いという実感を持っている人は少なくありません。そこで重要なのが相場の調査と使用料金の比較検討となります。プロパンガスの料金は自由価格設定となっていますので、基本的に供給業者が独自設定してプランを提供しているという現状があります。

複数のガス供給会社を選ぶことができれば、より安く経済的なプランを選択することもできますので、詳しく相場や使用料金について調べるという方法がおすすめです。プロパンガスの情報を集めている専門的なサイトをチェックすることで、ガスの見直しが効果的にできることでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *