現在の日本の家庭で使用されているガスはプロパンガスと都市ガスの2種類ですが、ボンベがあるかないか以外の違いについてはあまり知られていません。

この2種類のガスは原料や成分、発熱量などに大きな違いがあります。プロパンガスの原料はブタンやプロパンが主成分で、マイナス42度まで冷却したり圧力をかけることで体積を250分の1まで圧縮できるという特性を活かして、ボンベに液体を詰めて各家庭に配られます。自由料金制となっているため価格は販売店によって異なることが特徴です。一方の都市ガスはメタンを主成分とする天然ガスで、地中に配管されたガス導管を通じて各家庭に供給されています。

マイナス162度まで冷却しないと液化しないという特性があり、公共料金のためプロパンガスと比較して料金が安いものの、配管されていない地域では使用することができません。発熱量による違いについては、ブタンやプロパンは熱量が大変高いことからプロパンガスの熱量は24000キロカロリーもあり、都市ガスの11000キロカロリーと比較して2倍以上もあります。

また、熱量だけではなく重さも大きく異なり、都市ガスは空気より軽くプロパンはメタンよりも重いことから、都市ガスのガス探知機は天井に近い高い位置にあり、プロパンガスのガス探知機はガス器具よりも低い位置にあることが特徴です。また、熱量や原料の違いからガス器具を併用することができないため注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *