現在ではオール電化などでガスを使わない家庭も増えていますが、やはり料理は炎を見ながら行いたいと考える人も少なくありません。

ガスは調理の際だけではなく、入浴や洗顔の際のお湯を沸かしたり床暖房やガスストーブで家を暖めたりなど様々な場面で活躍しています。ガスにも種類があり、一般家庭で提供されているガスは大きく分けてプロパンガスと都市ガスがあります。そしてその違いがよくわからない、どちらでも大差はないのではと考える人も多いのではないでしょうか。まず、プロパンガスの場合は各家庭にガスボンベが設置されており、近くにはメーターも設置されています。

これに対して都市ガスは地中に埋まっているガス管から各家庭にガスが供給されていますのでガスボンベは必要なく、メーターだけなので外観でもその違いはすぐにわかります。供給方法の違いだけではなく、料金の面でも大きな違いがあります。まず、初期の導入費用は高くなる傾向にありますが公共料金である都市ガスはガス料金が安いのがメリットです。

これに対してプロパンガスの場合は初期費用は安く抑えることができますが、ガス会社が自由に料金を決められることもあり、料金は高くなる傾向にあります。熱量の高さにも違いがあり、プロパンガスの熱量は都市ガスと比べて約2倍程度高いと言われています。さらにプロパンガスは使用や停止も簡単に行うことができ、災害時の復旧が早いというメリットもあります。そしてガス会社も選び直すことができますので、選び直すことでより料金が安くなることも期待できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *