私たちが普段使用しているガスには「都市ガス」と「プロパンガス」の2種類があります。

双方の違いには、「ガスの原料・成分」、「供給方法」、「発熱量」、「料金システム」があります。都市ガスは、メタルを主成分とする天然ガスを主な原料としています。また、気化したものを電気や水道と同じように地面の下に通っているガス導管を通じて各契約者の過程にガスが届けられます。重さは空気よりも軽いので空気中に放つよ上へ上へと上昇すること、熱量は約11、000Kcal/㎥という特徴があります。プロパンガスは、プロパン、ブタンを主成分とするガスで液化石油ガスが原料です。

ガス管を引くことができない地方都市などに適しており、液体のままガスをボンベに詰めて運びこれを気体にして導管を引かずに各家庭に供給しています。熱量は約24、000Kcal/㎥という都市ガスの約2倍の大きさを持っていて、空気よりも重いので下に滞留します。又、火力が必要な職業や職種では、都市ガスが整備されていてもあえてプロパンガスを使用する場合があります。2種類のガスでは料金システムも違い、プロパンの方が高いとされています。

都市ガスの料金は、すべてのコストに利益を加える総括原価方式とい方式で料金が定められており、政府の認可が必要な規制料金です。プロパンガスの料金は自由料金で国や公的機関によるガイドラインなどはなく、販売店舗が自由に料金を決定することができるので、店舗によって費用の差が激しいです。地域などにもよって供給されているものが異なりますが、どちらのガスを利用するかは双方の違いをしっかりと把握して納得した上で決めることをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *