普段使っているガスには2種類あり、プロパンガスと都市ガスに分かれています。

明確な違いが分からないという方は、ガス容器の有無をチェックすることが基本です。戸建て住宅の場合は分かりやすく、屋外にガス容器が設置されていればプロパンです。アパートでも普段は気付かなくても、外周をチェックしてみて、同じようにガス容器があればプロパンを利用していることになります。都市ガスの場合は地中にある埋設管を通じて家屋内に引き込みをしているので、ガス容器は存在していないことが基本です。

一部では簡易ガスといって、少し離れた場所でプロパンガスを供給している物件もありますが、簡易ガスの場合は環境次第では見分けが難しい一面は否定できません。ガスそのものにも明確な違いがあります。プロパンガスは液体状で容器に詰めて移動させる種類になりますが、都市ガスの場合は気体状なので、この点に大きな違いが出ています。どちらの種類でも使用時には気体で使えることになりますが、液体と気体では重さに違いもあります。プロパンガスは空気よりも重いので、下に溜まります。

都市ガスは空気よりも軽いので、天井付近に溜まることになります。この基本情報は意外と重要なことでもあり、万が一に室内でガス漏れが起きてしまった際には、対処方法が大きく異なります。空気より重いプロパンガスは床面から掃き出す方法が効果的で、空気より軽い都市ガスでは換気扇を利用したり、柄の長いほうきなどを利用して屋外に出すことが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *