私たちの生活に欠かせないライフラインの一つがガスです。

ガスを使用していない家庭は全国でもごく稀ではないでしょうか。今ではどの会社と契約するのかは利用する私たち消費者が選択することができます。以前は少数の会社が台頭し、各地域に供給していました。引っ越しをする際には、あらかじめ決められた会社と契約をし、供給サービスを受けることが普通でした。2017年にガス切り替えの自由化が始まり、私たち消費者にとっては選択の幅が広がりました。

また、顧客獲得のためにサービスの向上を図ったり、料金メニューの改定やポイント付与をしたりと、会社間の競争が激しくなり、少数の会社の独占状態は解消されました。ガス会社の切り替えをすることによって、電気など他のエネルギーを提供する会社と統一することができるようになりました。統一することで、付与されるポイントが増えたり、振込先を統一することができたりするので、私たち消費者にとってはお得で手間が省けるなど一石二鳥です。切り替えの自由化が進んだことにより、私たちの生活が豊かになったのは言うまでもありません。

ただ、サービスを供給する側の会社にとっては、競争率も高く、顧客を獲得するための苦労も多いようです。契約する会社を切り替えることでポイントが増える、または割引がある切り替え割というサービスを提供する会社もあるため、契約継続を望む会社はこまめに自宅訪問をしたり、継続することでお得になるプランを提供したり、様々なサービスを展開しています。サービスの種類も様々で、私たち消費者にとって、どのサービスが最適なのかは慎重に選ばないといけません。目の前のお得に飛びつくことなく、サービス内容をしっかり比較検討して選択することが今後も重要となってくるようです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *