ガス料金を少しでも安くしようとして、他の会社に切り替えを検討される方が増加しています。

国内では自由化されており、プロパンは以前から自由でしたが、都市ガスでも複数の企業が参入しており、自由に選べるようになりました。切り替えするには安い会社探しが重要になりますが、この点でもインターネットという恵まれた環境を利用することで、お住まいの地域で最安値の会社を見つけることができます。都市ガスの場合は簡単に切り替えを行うことができ、ウェブサイトで見つけた事業者に問い合わせをする方法で、簡単に会社変更を行える状態です。

一方でプロパンをお使いの住宅のケースでは、問題をクリアしていないと簡単に切り替えすることができません。例えば新築で入居した際に、事業者に設備等を無料で施工してもらっている住宅では、ある程度の年数の縛りがある可能性は高いものです。契約書に記載されていることが基本前提ですが、見直してみると5年以上の契約だったり、10年の契約という事例もあります。

縛りの期間を経ている場合では、問題なくガスの切り替えを行うことができるので、法的にも一切問題なく安い会社を自由選択できます。契約書を確認した際に、縛りの年数が一切記載されていないものであれば、原則としていつでも会社変更を行うことができるので問題はありません。契約期間内であっても、あまりに高額な請求が来ている場合は、契約先の会社と話し合いの機会を設けてみることも一つの方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *